入院・手術にするのに一体全体お幾ら万円かかるのかしらん??と一瞬不安になりましたが、健康保険や生命保険で充填でき安心ました。そのための保険なんですよね。利用できる制度を調べ入院前に準備をすることでせめてお金の
面は不安なく入院したいものです。

入院が決まってすぐに「健康保険限度額適用認定証」を請求(加入している健康保険組合へ)し、入院手続き時に提示。
これによって保険分の負担額上限が約8万2千円になりました。したがって、入院だけに限ると退院時支払額は106660円(差額室料等私費分含)、他に病棟着、タオル(バスタオル・フェイスタオルとおしぼり)のレンタル使用料が1日500円で5500円。お財布から直接病院に支払う金額は計112160円で済みました。

さらに退院後、健保に「高額療養費給付」申請。
こちらはレセプトが病院から健保に届いてからの処理でしたので、少し時間がかかり11月中旬に5万7千円給付されました。ですので、差し引き合計額は55160円。ちょっとした貧乏海外旅行代金クラスの入院費でした。

限度額適用や高額医療費に関して各保険組合で独自のシステムがあるかと思います。知らなかった!と後悔するより、組合のホームページを見たり電話で問い合わせるなどしてしっかり把握しておけば安心して入院できます。是非面倒がらずに調べてみて下さい。

生命保険は申請してから2週間程で支払われました。意外に早くて驚いたくらいです。
こちらは女性疾病特約のようなものが付けてあったので(自分で契約したのにお恥ずかしながら内容をきちんとわかっておりませんでした)、入院と手術、入院前後各3ヶ月間の通院に対して合計28万円ほど支払われました。入ってて良かったです。

ちなみに、両親への心配かけてごめん料もDVDのHDレコーダー代金もここから出しました。本当はSG(ギブソンというメーカーのギターで、最近値段がぎゅいんと上がったのです)を買いたかったのだけれど…いい木目のボディに出会えなかったのです。残念!
















 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー